FC2ブログ

リプトンブルックボンドハウスでお勉強



10-03-24_001.jpg今日は、豪華なお皿が並びます!

お友達からお誘いを受け、リプトンブルックボンドハウスへ行ってまいりました。スチュワード麻子さんがゲストで招かれ、伺うことができると聞き、ワクワクしておりました。



冷たい雨と風の中、二人で風邪気味の鼻をグズグズいわせながら歩き、店内へ入ると、すでにとても良い紅茶の香り!

それは、今朝、届いたばかりのニルギリでした。



前菜は、フォアグラのテリーヌ。

紅茶でマリネしたイチゴのサラダ。少し、食べるのに苦心しましたが、さわやかでとても美味しかったです。



10-03-24_002.jpg

メインは、サワラのグリエ。

懐かしい、赤キャベツを蒸したもの。これ、料理学校でも作って、とても美味しかったことを記憶しています。が、料理名はコテコテのフランス語でした。

(中世以降、イギリス貴族はフランス人の料理人を置いていた、という歴史のせいで料理学校の教科書も英語とフランス語が入り混じっていました。)

ソースは、タップナード(オリーブのソース)と、あさりのソース。

サワラもジューシーで、とても美味しかったです。春のお皿でした。



10-03-24_003.jpg

デザートは、森をイメージした、というマカロン。

素晴らしく大きくて甘酸っぱい、ブラックベリーとラズベリー!!

両方とも、季節になるとマーケットに並び、心を躍らせたことを思い出します。

アクセントにくるみとアーモンドが効いていて美味しかったです。



お食事が終わると、スチュワード麻子先生のお話。

紅茶を作っている茶園を巡られた時のお話をたっぷり!

とっても勉強になりました。改めて、素敵だな、と思いました。



紅茶も、お食事も、お菓子も、みんな愛情をたっぷり注いでもらって、幸せそうでした!!そういうものを頂く時、理屈抜きで幸せな気分になります。

友人と、初めてお会いした方々と、楽しいおしゃべりをしながら過ごした時間は、私にとって、とても温かいものでした。

感謝。

 


スポンサーサイト



4月のイギリス料理クラス

春の嵐で、いろいろな災害も出ているようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。



さて、もう少し暖かくなればお花見を楽しむ方が増え、お仕事の時も外でランチという方も増えてくると思います。

そこで、4月のイギリス料理クラスは・・・

ピクニックがテーマです。



☆日時 : いずれもAM10:00~

 4月6日(火曜日)

 4月9日(金曜日)

 4月10日(土曜日)



☆参加費 : 5,000円(入会金は不要)



☆持ち物 : エプロン、筆記用具



お料理は初めて、という方もお気軽にお問い合わせください。

電話 : 03-6424-5011

Mail : t_taguchi@food-design.co.jp



その他に、パウチクック(家庭の真空調理クラス)も開催しております。こちらも、是非お問い合わせください。(4月1~3日・予定)




和の発酵食・・・味噌の仕込み

1ebada69.jpeg

忙しい忙しい・・といいながら

思い切ってやりますと楽しみが倍増する発酵食作りです。



こんな手作りは 食の豊かさや食育を十分に感じます。



仕込んでいる最中は、おりこうさんに待っている子供達に、茹で上がった大豆を試食してもらったり、大豆を潰すお手伝いもしていただきます!



手作りの贅沢といえば・・・たまりの上がり方や味噌の味には個性がでます。

 例えば・・・

麹と茹でた大豆をあわせ、最後に大豆の煮汁と塩をあわせたものを入れるのですがこの煮汁が味噌の味にも影響します。

日常で大豆料理する時にはこんなに、風味のある色濃い煮汁には出会いません。

 

豊かで本当に贅沢な食とは この事かしら・・と思います。

 大豆は身体にも良いのでそれを使って

 大豆食パンも作ってみました。

2bbabfa1.jpeg







 

一時の喜びでなく 時間を繋いだ

嬉しさ感激に出会うスタートの日



今日は 味噌の仕込みを致しました。

ひな祭り~桜もち~

P1070520.JPG

今日は、桃の節句。「ひな祭り」ですね!



甘さをひかえた、パウチクックで作った桜もち。

桜もちは、比較的簡単なのであまり失敗なく作ることが出来ます。



こども達の健やかな成長を祈って、年中行事を楽しむのも良いですね。

FOODEX JAPAN 2010②

P1070496.JPG今年のFoodexJAPAN2010では、

・ナチュラル

・エコ

等の言葉を沢山見かけました。

その中で、やはり気になったのが信州のブース。



そこで、素敵なお漬物の「木の花屋」さんに出会いました!

偶然にも、自分たちの知っている土地や人の名前に思わず大喜びし、長い時間お話させていただきました。



漬物は、信州に限らず、日本中、いいえ世界中で作られている、エコロジーで美味しい、保存食だ、ということを知りました。



P1070497.JPG



美味しそうなレシピの載った、本も頂きました。

イギリスでも、ピクルスはティータイムのときに活躍していたことを思い出し、食べたくなりました!

FOODEX JAPAN 2010

P1070493.JPG

昨日、幕張メッセで開催されている、

FOODEX JAPAN 2010へ行ってきました!



まっすぐ向かったのは、U.K英国ゾーン。

英国大使館のとても素敵な女性に、お話しを伺い、素敵なレシピ集まで頂いて帰ってきました!



感じたのは、やはりイギリスでの私の留学生活はとてもラッキーだった、ということ。それから、日本の皆様にも、もっと美味しいイギリスを知って頂きたいな、ということ。





「素材を活かした、シンプルで豊かな味を楽しむ。」

興味のある方、是非一度イギリス料理をお試しください!



イギリス料理教室のお問い合わせは

℡03-6424-5011

メール 
t_taguchi@food-design.co.jp









プロフィール

みんなのキッチン

Author:みんなのキッチン
みんなのキッチンは、皆さまのおいしい笑顔を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR